サイズ選びのポイント

ぽかぽかこたつ

こたつのサイズと購入するときの注意点

冬になると重宝するこたつですが、そのサイズには様々なものがあります。
こたつを置くスペースを考えてから購入を検討する必要があります。
また、置く時のスペースだけではなく、使い勝手についても検討しておきたい所です。
色々な形がある為、それによって大きさが違うように感じるからです。
例えば、円形のものであれば、複数の人で使う場合には不便ですし、長方形か正方形でもサイズの感じ方は違ってきます。
また、片付けをするときのことを考えると、脚が固定されているのか、折りたたむことができるのかは重要なポイントです。
実際の寸法を気にすることも大切ですが、体感サイズについても検討しておく必要があります。
商品によっては、何畳の部屋に適しているかを記載してくれている場合もありますから、確認すると参考になります。
また、布団がセットになっていない場合には、こたつ本体の大きさとマッチするか確認をする必要がありますから注意が必要です。

こたつのサイズと居住性の関係について

暖房機器の一種であるこたつはテーブルと兼用できることから利便性が高く、世代や地域を問わず広く普及しています。
特に家族世帯では利用者全員が均一に暖を取ることが出来る点から人気が高く、近年ではデザインに工夫が施されているおしゃれな製品も販売されています。
住宅でこたつを使用する場合はサイズに気を配ることが大切です。
テーブルとしての用途を兼ねている他、保温性を向上させるために専用の布団を使用するため実寸よりも大きく見える点を注意する必要があります。
家族が寛ぐリビングなどで使用する際、こたつが置かれていることで部屋が狭く感じられる欠点が生じる可能性があります。
特に大きなサイズになるほど実寸よりも大きく見えやすくなるので、保温用の布団の厚さや部屋のレイアウトに気を配ることが大切です。
また、極端に古い機器は消費電力量が多くなりやすいので維持費が嵩みやすくなる他、温度調整に不具合が生じる危険性もあるので異常な高熱や煙などが生じたらすぐに使用を中止して新品と交換します。

おすすめWEBサイト

金券の買取
http://knet-ikebukuro.net/

最終更新日:2015/12/10